交通費精算はどうやっているのか

仕事をしているとわかると思いますが、毎日の通勤の中で、自家用車や公共交通機関をそれぞれ利用していると思います。交通費は会社で負担していると思うのですが、計算の仕方は、それぞれ違ってきます。公共交通機関を利用している場合は、全額支給となりますが自家用車の場合は、キロ数で計算されています。私たちの希望としては、月にかかるガソリン代を支給された方が助かりますが、キロ数でやってるところが多いです。そうなると、月に支給される交通費は限られてくるということです。給与明細をみて少ないと思った方は、計算の仕方が違うんだということを知ってもらえたらと思います。交通費精算は、企業ごとで違ってくると思うので参考までにしてもらえたらと思います。キロ単位の金額を聞いて自分で計算してみて、月にかかる交通費を計算してみるのもいいと思います。そうすれば、給与の中でガソリン代などを節約したりできると思います。

社内交通費精算システムについて

会社の業務で必要となる交通費の精算はパソコンが普及する前の時代においては紙ベースで申請しており、不正や誤入力が多く、承認者や上司も、確認作業だけで時間を取られ、不正などの状況を見抜くことが非常に難しい時代でした。最近は会社においてもシステム化されており、社内ネットワークを駆使して、社内WEBで交通費の申請を行い、月末に一括して銀行振り込みで精算しているという形式が一般的です。しかしこのような交通費精算システムには、入力の方法が煩わしく、手計算で精算額を入力したり、新幹線の利用における精算は別のシステムになっていたりと、不具合や使いづらいという不満も多い傾向にあります。様々なシステムプロバイダーによって、このようなクレームを解消できる新たな交通費の精算システムがリリースされており、採用企業でも既存のシステムの変更を行ない、社内の業務効率化を図ることが課題となっているのが現状です。

交通費精算の仕方は企業ごとで違う

給与明細を見ると交通費という欄が有ると思います。それは月に支払われている交通費の金額ということになります。公共交通機関だと全額支給となります。自家用車の通勤は、キロ単位で計算されて、支給となるため、公共交通機関での支給されている人とかなり差があります。ですが、そういった計算をしているところもあれば交通費精算の仕方が違うところもあります。1ヶ月の交通費を決まった金額で支給しているところもあります。そうなると、公共交通機関を利用してる人自家用車を利用してる人みな平等な金額が支給されていることになります。その範囲以内でやりくりもできますし、皆平等な金額だからこそ問題も起きなくて済むというメリットも有ると思います。企業によっては違うので理解してほしいと思います。ましてや、アルバイトやパートの方には交通費が支給されないケースもあるので知ってもらえたらと思います。

特に交通費精算の中でも立替金の大きい旅費精算に関しては苦労している営業の方も多いと思います。出張の際に支払った旅費の支払いが1ヶ月後などになってしまうと、立替金額も10万円を超える事もありえます。 私の知り合いの営業の方に毎回建て替える交通費が生活を圧迫しているみたいで月末になるにつれて外出を控える方がいました。せっかく見込があっても、建て替える交通費のせいで獲得が出来ないのでは意味がありません。 交通費精算の一つの小話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*