それぞれに合った交通費精算システムを

大企業にとっても、あるいは中小企業や個人商店にとっても、従業員が仕事でどこかへ出かけた際に必要とした交通費は、きっちり精算しなければなりません。おそらく大きな会社で、たびたび外出のある仕事を担当している人は、一度出るたびに精算するといったことはせず、一週間や一か月といった、ある程度まとまった単位で精算しているのではないでしょうか。けれど、その場合でも経理担当者の方では、何月何日、どこからどこまでといった細かな情報を必要とするはずです。そのため、経理には経理の、そして担当者には担当者の使いみちに合った交通費精算のシステムがあると、作業がスムーズに進みます。経理システムには交通費精算ソフトがありますが、担当者の多くはエクセルなどで個人的に管理していることが多く、会社全体で導入されるのが、社員の仕事の負担を減らすことにつながりそうです。

交通費精算は重要です

以前働いていた会社なのですが、交通費は一律5000円でした。私は車で通勤していたのですが、会社までの距離は約20km程度、車は普通車に乗っていました。燃費のよい車ではなかったので、月のガソリン代は約3万円程度かかっていました。私用でも使っていたので、会社だけの往復で考えると約2万円~2万5千円はかかっていたと思います。単純に交通費だけで1万5千円~2万円は損をしてしまっていた事になります(交通費が全額支払われる場合よりも)。また仕事中に自分の車を使わないといけない時もあったのですが、その場合の交通費も出ませんでした。ですので交通費精算をしっかりしている会社は良い会社だと思います。会社を選ぶ際は交通費精算のシステムがしっかりしている会社を選ぶ事をお勧めします。交通費だけではなく、福利厚生がしっかりしている会社を選ぶ事は重要です。

現在の経理システムにおける交通費精算は

経理担当者にとって、会社全体であらゆる部署の社員がどこかへ出かけるたびに発生する交通費を清算するのは、担当業務の中でも比較的頻度の高い仕事となります。特に、規模の大きな会社ともなれば、取引先やお客様の元へ向かうために交通費を必要とするほか、支店及び本店に出向くことによっても交通費が入用になります。私が経理の仕事に従事していた際は、これらの交通費は基本的に発生した直後に処理するのが暗黙の了解でしたが、中には何度か分をまとめて請求する人もいて、厳密にこうすべきという方法は定まっていませんでした。今はコンピューター化されていますので、やり方も変わり、もっと効率的に精算業務ができるようになっていると思われます。経理部門での仕事に欠かせない交通費精算の仕事は、コンピューター化が進み、どのように短縮されたのだろうかと気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*