定期とは別に営業の為に一ヶ月使った交通費精算

サラリーマンが通勤する際の交通費の定期とは別に、営業の為に一ヶ月使った交通費精算は営業会社に存在すると言うことを認識している方は少なからずいらっしゃると考えます。一ヶ月単位で精算をする会社は多く存在すると言うことを認識している方は少なからずいらっしゃると考えます。仕事で利用した交通費をチェックする為に、領収書をその都度会社に持ち帰り保管しておき交通費の精算の計算の時に領収書を確認しながら精算用紙に記入した金額と誤差がないか調べる行為は必要性が高いと言うことを認識している方は少なからずいらっしゃると考えます。毎月の交通費の締め日には、営業活動に利用した交通費の領収書と会社の精算用紙に交通費が発生した日にちや、金額、合計金額を記入して署名捺印をして提出する行為が存在する会社もあると言うことを認識している方は少なからずいらっしゃると考えます。

出張時の交通費精算が

私は基本、事務所からそれほど離れる事はありませんが、たまに近場に応援に行ったり、出張があります。私が勤める会社では、交通費精算の方法としては、まず自分が交通費をたてかえておいて、後日支払うという制度になっています。近隣の県ですと、往復でも2000円行かない程度ですので、一日二日であれば、精算が遅れてもそれほど支障はないのですが、これが新幹線を使用した際などですと、万を軽く超えていくので、後日精算だとちょっと生活に支障がある場合があります。そういう時の為に、仮払申請があるのですが、その申請は通りづらく、通ったとしても、数日間を要するので、結局交通費をたてかえたほうが早いのです。時には自分の持ち金が足りず、やむなくクレジットカードを使用して交通費を支払う時も、珍しくないのです。ただ、当然返ってくる額も大きいので、ちょっとお金持ちになった気分に浸れます。

交通費精算のシステム化における注意点

交通費精算は、社内規定や経費削減等の観点から使用するルートが決められたりと、交通費の申請をする場合のルールが決められていることが多いです。また役職によって、グリーン車の使用、ビジネスクラスの使用可などの決まりも存在したり、職種により客先と同乗するタクシーは可能、通常電車、バス交通機関が利用可能な時はタクシーは認めないなどのルールが存在します。このような交通費精算のシステムを構築する場合は、次のような点に注意する必要があります。まず精算を申請する、部署・職種・役職により条件を選択し、申請時にチェックできる仕組みあること、またイレギュラーなケース、公共交通機関の運休や遅延により代替手段を使った場合等に理由を選択すれば、決められた最短、最安ルートを選択しなくても申請できる等の通常時を外れた場合の対処が簡単にできることです。このような点に注意して交通精算のシステム化を実施すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*